河口から昆明へ

河口体験記

中国人が続々と集まってくるので、何かあるかと思い待つことにしました。

すでにネットで調べた出発時間の6時半は過ぎています。

しかし、しばらくするとゲートが開きチケットの販売が始まりました。

昼のチケットは分かりませんが、朝のチケットについてはネットと違う情報がいくつかあるようです。

6時20分発→7時18分発

窓口が開くのは発車の2時間前→1時間前などの違いです。

また、9時53分くらいに発車する列車もありそうです。

ちなみに、チケット代は座っていく硬座というやつで70.5元でした。

本当は寝ながら行きたかったので硬臥もしくは軟臥というのを狙っていましたが、これは当日ではゲットするのは非常に厳しいようでした。

ちなみに、ネットの情報によると硬臥が121.5元、軟臥が182元ということでした。

ちなみに、昆明に行くこの電車は河口から昆明までいくつかの駅に止まります。

そして、13時前くらいには昆明につくという約6時間の列車です。

ただ、10時くらいにはかなりぎゅうぎゅうで空席無しと言った状況でした。

列車は順調に進行していると思いきや、途中の駅でお土産物の紹介をするために30分停車したりするご愛嬌もありました。

車内は右にはイアホンをつけずにスマホで動画を大音量で見る女の子や、右にはウォークマンで音楽を聞きながら歌ってるおねえちゃんに囲まれていました。

電話で怒鳴り倒しているおばさんもいます。

また、前の席のがきんちょはひたすらお姉さんたちにちょっかいをかけて走り回っていました。

将来が楽しみです(笑)

しかし、車内は全くカオスでした。

ただ、自分はこんな中でも睡眠不足だったのでうとうとしながら過ごしていると、13時前には昆明に到着していました。

河口体験記
昆明に到着!

昆明の駅につくと猛烈な勧誘にあいました。 基本的にはホテルやタクシーなのですが、たまにセクシーなお姉 …

河口体験記
河口で駅を間違える

非常に名残惜しいですが、河口を離れる朝がやってきました。 河口は本当に男の楽園でした。 しかし、数年 …

河口体験記
河口で加藤玲奈とセックス

そのまま、部屋で待っていること40分。 いつもより待ち時間が長いので、昨日の子もしかしたら無理かもし …