河口でぽっちゃりと一発

河口体験記

次の日は8時頃起きました。

しかし、本日も起きて一発と思ったのですが、自分のタンクも残量が切れてきたようで息子が元気になりません。

おそらく、河口にきてしばらくろくなものを食べていなかった影響もあるのかもしれません。

ちょっと、元気になる食べ物を食べようと思い、ホテルに併設されている食堂で食事をすることにしました。

本当は写真を見て気になっていた鴨斗(?)というメニューを食べてみたかったのですが、メニューを指差したところ、「ないよ」といったようなことを言われました。

ただ、肉を食べていた方がこれからの戦に向けてのパワーを補給するためにも得策だと考えました。

そのため、よく分かりませんが「鶏」といったような表記があるものを頼んだら、鳥の手の骨が出てきました。

「う~ん、骨よりも肉を食べたかったけどまぁしかたない」ということでこちらを一皿食べて、これからの戦に向けて再度部屋に戻りました。

いつもなら、恒例の朝の出陣の時間ですが、まだ息子がビンビンになるような感じではありません。

しかたがないので、ホテルで休息していることにしました。

ホテルで休息していれば昼頃には置屋のおばさんが来るだろうという予感もありました。
案の定、14時になると、おもむろに部屋のドアがノックされます。

開けてみると、昨日の置屋のおばちゃんがニコニコしながら立っています。

「150元ね?」と確認すると、「オッケー」ということでおばさんはお店に電話をかけ始めました。

20分後、再びおばさんが現れました。

連れてきた子は・・・正直微妙です。

鳥居みゆきをぽっちゃりさせた感じの子で、細身の子が好きな自分としては微妙です。

ただ、胸は結構ありましたが。

今までかわいい子がほとんどだったので、この微妙なラインが来ることは想定していなかったので、一瞬判断が遅れて反射的にお金を払ってしまいました。

このレベルが来ることを警戒していれば、キャンセルのところでしたが。

しかたないので、この子とやることにしました。

脱がせてみると、おっぱいの形はきれいでした。

しかし、なんか口がくさいです。

キスしたくない感じでした。

とりあえず、そんなに濃厚にセックスしたい感じもしなかったので、下半身を適当に刺激して濡らした後に挿入です。

肉付きがいいだけあって、抱き心地はなかなかです。

くっついているとぽっちゃり独特の柔らかい感じがあってそれは心地いいです。

結局激しめに腰を振って、15分程度で果てました。

正直こんな感じのセックスならホテルの部屋ではなく、置屋のヤリ部屋でも大丈夫な感じでしたが。

残り少ない貴重な残弾を微妙な子で使っちゃったなというちょっとした後悔を覚えながら、着替えます。

しかし、このぽっちゃりちゃんが服を着替える気配がありません。

「ん?」と思ってみていると、「3回はどうだ?」と言っているようです。

やはり、人気がない子ほど営業に必死なんですね。

ロングに持っていこうとするのは微妙な子が多いですね。

まぁ、トップレベルはほっといても客が付くということでしょう。

全く意味が分かってないふりして、サンキューと言いながらやさしさを装い服を渡してあげます。

また、なんか言っていますが、ニコニコしながら「サンキュー。サンキュー。オッケー。オッケー。」などと言いながら、服を着せてあげようとするとあきらめました。

この子はちょっと残念そうに「バイバイ」と言いながら出ていきました。

ごめんね~。

河口体験記
昆明に到着!

昆明の駅につくと猛烈な勧誘にあいました。 基本的にはホテルやタクシーなのですが、たまにセクシーなお姉 …

河口体験記
河口から昆明へ

中国人が続々と集まってくるので、何かあるかと思い待つことにしました。 すでにネットで調べた出発時間の …

河口体験記
河口で駅を間違える

非常に名残惜しいですが、河口を離れる朝がやってきました。 河口は本当に男の楽園でした。 しかし、数年 …